So-net無料ブログ作成

自分の出自を活かす ーインターナショナル時代のクリエイティブー [スタイル]

AC1.jpg

私が衝撃を受けたア−トディレクターに「アラン・チャン」がいます。
香港出身の彼の作品はこの上の「手」のデザインが有名ですね。私たちにとってはまるで高松塚古墳の壁画の女性の手の表現か、弥勒菩薩のしなやかな指のような印象です。非常にアジアンです。彼のすべての作品の根底には香港出身の彼の出自が強烈に感じられます。

私たちの世代では、いろいろな文化はすべて欧米から入ってきました。かっこいいアメリカ、おしゃれなヨーロッパ。ダサイ日本。欧米のまねっこをすればいいイメージを表現できた。
そんな時代に彼の作品は、アジア人ということをむしろ誇るような、それでいて、欧米から見てもエキゾチックでありながら非常に洗練されたイメージを構築できています。彼のものすごい力量とセンスに感服すると同時に、ああ、自分の進む道ってここなんだなと思わされました。
AC2.jpg

かなり前から、デザイン・アートの世界もドメスティック限定なものからインターナショナルな時代になっていってます。その中で確かにボーダーレスの表現も素晴らしいですが、日本、そしてアジアに生まれた自分のオリジンを表現にきちんと取り込んだものが、他には出来ない「オリジナル」として、今後ますますオーラを放つ作品になっていくんじゃないでしょうか。常に意識していたいなと思います。

アラン・チャンの会社のHP www.alanchandesign.com/

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

galapagos

いいですねー、
この四枚を見ただけで素晴らしいと思います。
by galapagos (2010-10-26 08:12) 

birdland

galapagosさんコメントありがとうございます。彼は日本だと有名なところでSMBC(住友三井銀行)のロゴマークをやってたりします。マークは上昇を表現する折れ線グラフをモチーフにしていますが、まるで屏風のような・・そこがまたアジアを感じさせる所以です。
by birdland (2010-10-26 11:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。