So-net無料ブログ作成

アンダーな写真 [写真]

tom.jpg
大部分とは言いません。どのくらいかは分りませんが、それでも多くの人々が「暗い写真」に心を惹き付けられます。
恐いもの見たさでしょうか? いつも明るい部分にいるから(非日常だから)? 影があるということは光があると知っているから? 暗い中のほんの少しの光に救いを見いだすから?

写真家には暗い写真を好んで撮る人たちがいますよね。トップの写真はわたしの好きな写真家「Matt Mahurin」(マット・マハリン)の撮った「トム・ウェイツ」のアルバムジャケットです。彼は写真だけでなく絵やフィルムなどもやっていますが、徹底的に暗い表現にこだわっています。
matt.jpg
Photo:Matt Mahurin

日本の写真家だと「江角マキコ」の写真集を出した藤井保さんなどがとても黒い写真を撮りますね。藤井さんの撮る写真の黒には、マット・マハリンのようなざらついた少し乱暴な暗さではない、日本人特有の滑らかで緻密な上品な黒さがあるような気がします。

esumi.jpg

日本の広告表現上では暗い写真は特に発注企業側に非常にいやがられます。この話をコピーライターの友人にしたところ、「マグライトの広告は暗かったよね」と、教えてくれました。あの場合には、「闇を照らす」という大義名分がありますが、基本的には企業イメージが悪くなると受け入れられないことがほとんどです。新聞広告などの場合には新聞社にまで、べったりインクを使う真っ黒な広告はいやがられます。

ところが、欧米では「暗い」「黒い」に、「上品さ」「リッチ感」「ハイエンドイメージ」を重ね合わせます。悔しいですが、暗さに対する感覚は、向こうの方が一段大人です。日本人のように闇雲に怖がらない、闇に対するイメージの違いもあるのかもしれませんね。

under_ad.jpg
ポーランドのウォッカの広告です。


Matt Mahurinの制作動画です
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 6

shio

こんばんは^^
いつも楽しみに拝見させて頂いてます♪
暗い写真・・私も好きです自分でたまには明るいのと・・
思うのですが^^;私は暗い写真は自分の心を自由にぶつけられる気がして好きです。その中に放り投げる感じ・・
そして消化してくれる感じ・・
すみません^^;意味不明ですよね^^;
要するに今日の記事は「フムフム・・」とうなずきました^^
by shio (2010-10-26 19:06) 

thablue

はじめまして、ボクも暗い写真、それもモノクロに惹かれる1人です。
存在が浮き上がるような表現が好きなんです。
ご紹介されているMatt Mahurin良いですね。
独特の世界観がなんとも言えません・・・
勉強になりました!
by thablue (2010-10-26 20:53) 

birdland

shioさんご訪問感謝です。写真を撮られる方の気持ちやご意見、こちらこそとても参考になります。「自分の心を自由にぶつけられる」=暗い(黒い)物の包容力や先に広がっているであろう無限感ですよね。良く分ります。
by birdland (2010-10-27 14:40) 

birdland

はじめましてthablueさん。ご訪問感謝です。「存在が浮き上がる」=
とてもいい表現ですね。あまねく降り注ぐ光の中ゆえの寂しさ、公平ゆえの物足りなさ感というのは人間に備わっている感覚だと思います。こちらこそ勉強になりました。
by birdland (2010-10-27 14:47) 

galapagos

私は映画でも、もっとモノクロームで撮ればいいのにと思っている人です。写真の世界では、特にアート関係はモノクロ当り前ですが、映画となると不人気ですねー、不思議です。きれいなのに。
by galapagos (2010-10-27 18:30) 

birdland

galapagosさん。コメントありがとうございます。映画がカラーになってからのモノクロ映画と言うと、このトム・ウェイツも出ていた、「ジム・ジャームッシュ」作品が思い出されます。モノクロームがとても作風に合っていたと思いました。
by birdland (2010-10-27 19:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。